--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2009'01.10.Sat

初心者講座 -撃ち方編-

さて、今回は"撃ち方"について説明したいと思います。

■リコイルコントロール(リコイル)
武器を扱い際に、一番気をつけてる事は"リコイルコントロール"だと思います。
俗に"リコイル"と言われるこの行為ですが、武器を扱うにあたって非常に重要な事です。
― 撃ち続けてるのに、全く当たらない!
という人は、このリコイルコントロールを忘れているのかもしれません。

まず、使ってる武器のブレを覚える事から始めましょう。
mp5.jpg
初期武器の"MP5"。
1マガジン撃ってこれだけブレました。(青い点が初弾、赤く囲ってる部分が弾のブレ)
威力が小さい分、ブレも少なくよくヒットする武器だと思います。
基本サブマシンガンは、ブレが少ないので初心者には、オススメだと思います。

■フルオート
フルバースト、スプレーショットとも言います。

左クリック押しっぱなし、つまり撃ちっぱなしの連射の事を指します。
主に近距離、中距離ではフルオートが基本だと私は思っています。

■単発撃ち(タップ撃ち)
単発撃ち(タップ撃ち)とは、その名の通り一発一発に間を開けて撃つことです。

間を開けて撃つことで、銃のブレを少しですが解消出来ます。
主に、遠距離戦ではこの単発撃ちを基本として覚えておいてください。

リコイルコントロールは、このブレをなるべく少なくする為の動作です。
MP5をはじめMP40などのサブマシンガンは、ブレが少なくリコイルがしやすいです。
逆に、M4をはじめAK47などのアサルトライフルは、サブマシンガンに比べブレが大きいのでリコイルがしにくいです。

まずお気に入りの銃を担いで、練習モードでブレや色々撃ってみて自分に合っているかどうか確かめると良いですね。

■ストッピング動作
移動した後、逆方向のキーを一瞬いれることを、ストッピング といいます。
PMでは、あまり重要視されてませんが、遠距離戦でストッピングしないで撃つのとストッピングして、撃つのでは、
やっぱりストッピングしながら撃つほうがガシガシ当たってくれます。

■レレレ撃ち
レレレ撃ちとは、某アニメに出てくるレレレのおじさんのように左右に動きながら撃つ方法です。

レレレ動作
画像のように敵を軸にして、左右に動くことをレレレ動作と私は言っています。
このレレレ動作をしながら撃つと、被弾が減ります。
場合によっては、一方的にダメージを与える事も可能です。

何故かというと、左右に動かれる事で縦に動くより、当てにくくなるからです。



■ジャンプ撃ち
他FPSでは、オススメ出来ない撃ち方ですが、ペーパーマンでは非常に有効な撃ち方だと思っています。
レレレ撃ちに近い感じで、相手からの被弾を減らしつつ一方的に撃つことが出来る撃ち方です。



フルオートは無意識のうちにしていると思うので、単発撃ち、レレレ撃ちを覚えるだけでも結構スコアは伸びると思います。
スポンサーサイト
初心者講座トラックバック(0)  コメント(2)
2009'01.09.Fri

初心者講座 -基本動作編-

FPSは、AIM力も立ち回りも重要ですが、今から説明する基本動作を出来てなければ、
良い成績は取れません。

以下の事を意識してプレイしましょう。

■クリアリング

クリアリング

私もよくクリアリングをミスって、キルを取られた事がありますが、
クリアリングは本当重要な基本動作だと思っています。
これだけは絶対に癖を付けましょう。

下水道B側左通路から出た所を想定
前進し、①方面を確認してから②方面へ進む

これがクリアリング動作です。
事前に、ここに敵が隠れてそうと予測しておくとGood。

■リロードのタイミング
リロード中は、かなり無防備です。
しっかり敵に遭遇しない場所でリーロードしましょう。
(物陰に隠れてリロードとか)

■レーダーの確認
れーだー

レーダーを見ることで味方が交戦している事や、どれだけの数が居るのか、
何処に居るのか大体ですが把握出来ます。

しっかり確認しましょう。

■敵位置の把握

悪い例

壁の向こうに敵が二人いたとします。

何も考えずに前進した場合どうなるでしょうか?
AIM力がある人なら大丈夫かもしれませんが、大抵負けると思います。

では、どうすればいいでしょうか?

良い例

この画像のようにまず、行く先の左右に敵が居ないかチェックします。(レーダーに映ってるならレーダー確認)
居たら撃ってキルを取ります。これで1人減りました。

私が言いたい事は1:多の状況を作るのではなく、1:1の状況を作り出して欲しいという事です。


取り合えずこれだけを意識して実行出来れば、KD1は切らないでしょう。
無理だとわかったら、引くことも重要です。それも合わせて覚えておきましょう。
初心者講座トラックバック(0)  コメント(0)
2009'01.08.Thu

初心者講座 -設定編-

「ペーパーマン上手くなりたい!」
この記事は、主にKD1~1.2付近の方に向けて書いています。

必ずとはいえませんが、これから書いていく記事の内容を意識すると、確実に成績UPすると思います。

まず、設定から。
settei.jpg
初期設定のままでプレイしても充分出来ますが、"設定"で自分に合った設定にチューニングしましょう。

■マウス感度
よく、マウスセンシビティ(センシ)いくつ?って言葉を耳にすると思います。
それはこれの事です。
マウス感度は、小さくするほどマウスを動かす範囲が増え、大きくするほど動かす範囲が狭くなります。
ちなみに、殆どのプレイヤーが"低センシ(ローセンシ)"だそうです。
― 何故、低センシの方が良いのか?
それは、センシを高くするとちょっとしたマウスの動きでも反応してしまう。
=不要な動作が多くなり、敵に定めにくくなるからです。
低センシの利点は、微調整がきき、遠距離でも当てやすくなるという事でしょうか?

もちろん利点だけではありません、欠点もあります。
センシを低くすればするほど、マウスの動かす範囲は当然広がってきます。
なので、視野外の敵への反応が遅れてしまいます。

これは個人的な意見ですが、マウス感度は"自分の出来るいっぱいの高センシ(ハイセンシ)"がベストだと私は思います。
"「"、"」"キーでゲーム中でも感度調整が出来るので、是非自分にあった"感度"を探してみてください。
(ちなみに自分は、まだ見つかってません・・・。※現在6.5)

■視野角度
これは何?と思ってる人は少なくはないと思います。
簡単に言うと、視野角度を小さくすると
ターゲット(キャラクター)が大きく見え、移動速度が遅く感じ、見える範囲が狭くなる。
視野角度を大きくすると、
ターゲット(キャラクター)が小さく見え、移動速度が速く感じ、見える範囲が広くなる。

このような違いがあります。
もしも、遠距離戦少し苦手だなー、と思ってる人は視野角度を小さくしてみては?
キャラクターが大きく見えるので、遠距離勝負に勝てるかも知れません。

この二つを自分にあった設定にすると、安定してくるかもしれません。
その他の設定は自分好み、もしくは初期設定のままでいいと思います。
初心者講座トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。